あちゃぷであぱぷな日々是好日

乙女ゲーム感想を中心に、オタクな主婦の日常呟きあれこれ。

戦場の円舞曲 全体・キャラ別感想

こんばんは(*^-^*)
ブログにお越し頂き本当にありがとうございます(*≧▽≦*)
バナーポチっともして頂いて、いつもいつも大感謝ですっ!
クリックして読みに来て下さったり、バナーポチっとまでして頂いてる方がいらっしゃる事は、とっても嬉しいですv
そして前回記事アップから驚く程のはてなスター、読者、はてなブックマーク、とありがとうございます!!
皆さま何か間違われてやしませんか!?Σ(;・ω・ノ)ノ!と思った程。
はてなさんの機能とか色々、まだまだ使いこなせておりませんので、失礼があったらごめんなさい。
ありがとうございますの気持ちを改めてこの場にて<(_ _)>

 


来月は長男、おにいの誕生日なのですが。
毎年プレゼントはゲームソフトを希望するインドアゲーマー。
今年は【寿司ストライカー】に決定しており、DSで作品詳細チェックをしていた様で。
で、どうやら杉田さんが出ているらしく、この間報告されたんですけれど(母への杉田さん報告に余念がない)。

ある日、神妙な顔で私に「おかーさん…('_')」と来たので何事かと思ったら、

「寿司ストライカー、杉田さんだけじゃなくて子安さんも出てるんだって(*'ω'*)←【銀魂高杉晋助

…いつの間にか子安さんも覚えてたのか(笑)。


って言うかそれ、母に何のコメントを期待してるのか。
つーか君は最近アニメEDのキャスト声優名をしっかり見過ぎじゃないかい?
若本さんの声も聞き分けが出来てたなぁ。

母からの影響が半端なく浸透している長男。
よしよしv←待て

因みに【寿司ストライカー】はこんな作品です。↓

www.nintendo.co.jp

ものすっごく世界観がぶっ飛んでいて笑ってしまいましたが、高評価みたいです。



それではストック分感想より【戦場の円舞曲】です。
円舞曲と書いてワルツ。感想は部分修正追記あり
2015年1月にプレイ終えてます。古い(笑)。もうこんなに経過してたんですね~。
これから乙女ゲーも完全Vita!な時でしたね。今や時代はSwitchへ…早。


ネタバレあります!未プレイでネタバレNGの方は以下の閲覧をお控え下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


戦場の円舞曲

使用画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。

f:id:sagino4480:20180827163743j:plain

               公式サイトはこちらから

 

全体感想

プリアサのスタッフと知り、予約購入。
タイトルに戦場と冠していながら、戦場シーンが意外に少ないです。割と軍スクールライフ。というか何故タイトルが戦場で円舞曲なのか、正直謎でした。
共通ルートですがだらだらと長いだけで進みが悪く感じました。盛り上がりも少ない。個別に入る前の大事な繋がりや親しみ作りが浅いです。
制限キャラの関係により、前半組アベル、ラスティン、パシュからプレイ。後半に制限組ニケ、ティファレト、ヴィルヘルムとプレイしました。
個人的に前半組はシナリオが今一つ…テンション下がるばかりで購入失敗かとすら思いました。重要かと思われた魔剣の活躍も、此方の組はほとんど無し。
それが後半組でググーンッ、と持ち直し。ニケに関しては泣きました(笑)
共通ルートはサブメンバーの絆や親密さを、個別ルートにもう少し恋愛過程の丁寧さが欲しかった所。
よくある、いつ好きになったの?なあれ。仲間の絆であるとか告白シーンとかもそうなんですが、仲間や友情に涙したり、情熱的な告白とか…
正直、そこまで盛り上がる程出来上がってましたっけ?あれ?とちょっとプレイヤーたる自分は置いてかれてる感がありました。
キャラ達の関係を築き上げる描写が全体的に薄いのに、いつの間にかもう関係構築が深く出来上がった様になってるものだから、それを感動的に盛り上げて見せられてもこっちは戸惑うといった状態。
共通ルートが長かった割には、絆や個別恋愛に入る前の感情の深まり、其処をきちんと入れられていないのが良くなかった気がします。

後、多用だったのが 「…っ」「…っぁ」等が本当に正直うざいくらい(おい)あった気が。 私は鈍いのであまりそういうのは気にならない事が多いのですが、そんな私が気になるぐらいだったもので。

原画は華やかで丁寧で綺麗なタッチ。女の子も男の子もオジサマキャラも全員魅力的できらきらしてる少女漫画なスチルで作品の雰囲気によく合ってました。
でも一部立ち絵ポーズが面白い(笑)。アベルの立ち絵、片手前に差し出しポーズは宝塚みたいで不自然過ぎで笑ってしまう。 ←
後、ラスティンの片腕「気をつけーっ」ピシッ!みたいなくっつき感はずっと気になって仕方がなかった。
一言煩く言えば女子。戦とかに出陣するのに髪長いままだらっと伸ばしてるってどうなの?やたら長いのに一つ括りしてるだけ。確実に邪魔です。
結い上げるくらいの描き分けはしてほしかった。命を落とすかもしれない戦場にあれはないんじゃない?と。

プリアサもそうですが、サブキャラメンバーが良すぎるんですが!攻略出来ないのは何故よ!?みたいなキャラ多し。
よく言われているのはアサカですね。うん、わかります。お声も豪華ですしキャラも良いし、攻略対象外なのに公式人気キャラランキング4位、頷けます。
でも私レオニダス教官とかエリアス教官とかシャオレイとかシェラザール様とかお願いしたいです(←がっつり大人年上メンバー)。
そう、皆若いんだよね、攻略キャラ。大人キャラも搭載して下さい~( ;∀;)

キャラによってシナリオが微妙でしたが、キャラは十分魅力的でしたので、バランスに差があるものの楽しめました。
後もう少し欲しいな、やや届かない感じなのが残念。特にシェラザール様攻略欲しかった。←まだ言ってる。
本編むかつくリシャールですが、SHOPのメガネと誕生日ネタで好感度上がった(笑)。
こういうサブキャラ補完のシナリオ有りでFDが出るのかと思っていたのですが、結局動きがないままだったのは心残りな作品。

 

キャラ別感想

ラン/主人公

f:id:sagino4480:20180827163917j:plain

まずラン、という名が個人的に馴染めなかったです、ごめんなさい。大抵最初駄目でも馴染んでくるんだけどなぁ。 ランに何かトラウマでもあった?(知らんて)
個性的過ぎるという訳でもなく、此処に突出した魅力があるという訳でもなく、な前半プレイ印象。
何て言うのか…もう少し成長を感じたかった。
マイナス面があるのは問題ないですが、マイナス面が目立ち過ぎるしそれを越えてこのコの持つ長所がそれをカバーして魅力的に…といったものがあま り見受けられなかったです、私。
とにかく甘い考えと行動と、ルートによってはずっとぐだぐだ悩んで都合で魔剣に頼ってばかりな所、このコ自身の良い所を伸ばす努力とか成長する姿 も然程無いとか。
いや、前向きに頑張ろうとかいうのはありましたが、何か口だけの空回りに見えて。
プリアサのアルちゃんがとても良かったので、今回残念感ハンパなかったです。
でもニケ、ティファレト、ヴィルヘルムルートは頑張っててガン、と好感度が嘘の様に上がりました。
やっぱりあれだな。アベルとラスティン、パシュの三人のルートはどうも私に合わなかったようです(笑)
ヴィルヘルムルートのみ笛を吹くシーンがあるんですが、他のキャラでも見せてほしかった。あれ勿体ないなぁ。

 

アベル CV:前野 智昭

f:id:sagino4480:20180827163948j:plain

前野さんって、こういうスタンダードな男前キャラを演じられるのが、とても良く似合っております。
教官にすら負け知らず、暴走しそうになった魔剣ですら抑え込む力を持つ無敗のクールな最強優等生。神レベル。
このキャラが一番いつ好きになったの?と疑問に思った一番のキャラ(やな一番)。
それなのに告白時の科白が情熱的で激しいので見てるこっちはついていけない。え?そんな凄い好きっぽく見えなかったけど…みたいな。
王道キャラで一般的な乙女萌えポイントもありなのに、本当に惜しいのがこういう大事な気持の過程とかの抜け落ちが目立つ所。
後、主人公のランちゃん。中途半端な良心や正義感具合がね。自分の考えは甘いのかと自分でも言っていたけども。いや、本当甘いよ実際。地味に苛々しました(笑) 。
貫く強さもなければいざ、といった行動力や発言も中途半端で微妙。アベルルートでは良さがわからずで、購入失敗したかと。
そしてアベルが強すぎる所為もあってか魔剣の活躍ほんの少し。魔剣ヴィルヘルム…あんないいキャラしてるのに活躍が短い!(活躍とも言えるのかどうだか)
結局実父(ロムア国王)との確執を経て父とは違う国を造ると、新しい王となる宣言ルートは正に王道でした。その後の王妃に迎えに来るから待っていろ、もね。
でも王妃ってしんどいよなぁ…と他人事ながら思ったり(笑) 。
いい王とはなりそうなんで、二人で頑張って平和な世を築いて下さい(まとめた)。
恋愛は不器用な人なんだけど、一国の王にすら嫉妬剥き出して威嚇(笑)、独占欲強くて情熱的なのは見ていてギャップありで良かったです。
妙な所は不器用なので、好きな女のコをお昼に誘いたいと思えば教室で直球に来るのはいいんですが、誘った理由が今好きな奴いるのか聞きたいだけって(笑)。
お祭りも「行きたかったのなら、俺を誘えばいいじゃないか」って拗ねるんですけども、お前が誘わんといかんやろ!とツッコミたくなる。いや、つっこんだけど。そういうの笑えて可愛らしいけどもv ←
個別入ると他キャラの係わりが必要最小限度で少なくなるのが寂しい。魅力的なキャラが多いのにもう少し絡ませて!

 

ラスティン CV:加藤 和樹

f:id:sagino4480:20180827164013j:plain

今はイケメン戦国の政宗さんイメージですが、昔、ドラマ『ホタルノヒカリ』のドラマで綾瀬はるかちゃんの恋人役やってらしたのが、未だに強く記憶に残っている。何故だろう(知らんわ)。
今は俳優、声優、歌手とマルチな感じですが、当時は俳優イメージが強くて、賛否の声が分かれるのは仕方無いかなーな感じではありましたが、私はその当時から加藤さんは特に気にならず。
ナチュラルに演じられていてラスティンに合ってたんじゃないかな。普段の軽いトーンから、愛を囁く時は低く色気を出す辺りとかお上手だと。
後継問題でお兄さんとの関係が拗れてしまったヴァイアザール国第二王子様。国が多いのもあるけどとんでもなく王族率の高いこの作品。
ラスティンのルートってアベルがほとんど出てきません。ちょこっと出てくるけど関わるでもなく終わる。他のメンバーも少ない。折角の学友が…。
ちゃらけてそうで本当は誰よりも他者を気遣う真面目で正義感のある優しい人、といったこちらも王道的なキャラ。
両想いになってくっついたら「俺のもの」宣言してまわりたい程の独占欲を見せてくれますが、縛り感はきつく感じない、心地良い独占で良い程良さ。
アベルよりは恋愛過程はまだわかりやすいとは、思う。でもちょっといつだ?とは感じる所でしたが。
で、無事問題解決して此方もまだ先ながらお兄さんが後継辞退で行く行くはラスティンが王となるらしく、その時は「俺の妃に…」、なプロポーズ展開。
って、こっちもかいっ!王妃永久就職END、二人もあるの!?(笑)
何かでもこのお兄さんが可哀想過ぎて不憫。弟が生まれながらに持つ自分には無い王の才覚、器、自然に集まる人望。王のカリスマを持つ人。
どんなに努力しても、手に入れられないものがある。ギードの言葉はそのままお兄さんの苦しみを表してた気がします。
幸せになって欲しいなぁ。僧院とかでなくてさ、自分を心から慕ってくれる人が居るよ、っていうのでも良かったんじゃないかなぁ。まだ若いのに。

 

パシュ CV:石川 界人

f:id:sagino4480:20180827164050j:plain

やんちゃで明るい元気キャラ。声は石川さん。こういう子供っぽさの残る元気キャラから大人っぽい青年キャラまで幅が広いですが、大人っぽい方が好きだ。←完全好み
ダグロート国王の弟の息子さん。またも王族。もうこの血統の豪華さは何。
只、性格子供過ぎて私はちょっとね。うん。素直になれないのは反抗期の若さ故って解らないでもない。ないけど…逆ギレし過ぎ。
父親と街で出会って直ぐに「消え去れ!」って。殴ったろうか、このバカ息子。親に向かっていきなり言う言葉か、甘ちゃんのクソガキが!!←落ち着こうぜ、私
と、つい息子を持つせいか親目線で見てしまい、パシュに関しては自分の息子を躾たいみたいな気分が抜けませんでした… (;^ω^)
っていうか、パシュのお父さん攻略したいわ!(切に)滅茶好みなんですけど!←出た
そしてレオニダス教官!!!何で死なす!?嫌な予感はしてたけど、死なさなくてもいいじゃないですかーっ!!(´;ω;`)攻略したいぐらいだったのに!←また出た
で、自分の判断の甘さでレオニダス教官が庇って犠牲になったらば、パシュ誰が助けてくれっつったとかの逆ギレ発言…こ、このお子ちゃま、こういう時は素直に詫びろ。反抗期で済む問題か。
この時点でパシュの評価、私の中で大低下。主人公のぐっだぐだな行動とうじうじマイナス思考にもだだ下がるテンション。
もう周囲にも戦うの怖いなら辞めたらいいよ?的な、哀しく諦められた温い眼差しがね。レオニダス教官死んだ意味無くなっちゃうでしょーっ!(T_T)
まあ、その後吹っ切れて頑張って生きるぜ!お前は俺が護る!な青春ルートでしたが。
アベル、ラスティンと駄目じゃないけど微妙なる不協和音を感じていたら、パシュで一気に破壊音を奏でそうになりました。
あ、戦場の円舞曲ってこういう事だったのか(違う)。

 

ニケ CV:小野 賢章

f:id:sagino4480:20180827164119j:plain

戦闘能力0と思わせといて正体凄腕アサシン。ビジュアルは可愛らしい感じなのに、声が結構「男」だったのでギャップが(笑) 。
はっきり言って期待してなかったというか好みじゃない方だったんですが、いや、ごめん。泣いた。画面を前にだかだか泣いて、夫に軽く引かれた。←自分だって漫画読んで泣いてた事あるくせにーっ/笑
アベル、ラスティンでキャラは良いのに恋愛過程が微妙だなぁ、とちょい下がり気味な気分がパシュでガーッと急降下した所で救世主きた!
スコココーッンと上がったプレイテンション。
このルート、主人公も頑張ってた気が。苛々しなかったです。
コレットとギードの親子イベントも絡み、全部のエピソードが素敵でした。
何だろうこのちょっとした何でもない事に幸せを感じているニケが、ランちゃんに惹かれていっているのが滅茶切なく可愛い。
手作りパンとか。パン売りのおばあさんのイベントとか。手当してもらった包帯をいつまでもつけてるのとか。
惹かれながら、自分が主人公の父親を暗殺した事実に苦しみ出し、ランちゃんに「君の父親を殺した犯人は、必ず僕が殺してあげる」発言。
ああ、この見える死亡フラグが嫌だ。
契約していた敵国から主人公を護る為に裏切って、君が好きだと告白するニケのシーン。ここで泣きました、はい。
怪我は治っているのに、ずっとつけて大切にしている手の包帯。
手当てなんてしてもらった事なかった、怪我や病気なんてものは自力で何とか出来なければ死んで当たり前、そう告げたニケ。
それが当たり前で幼い頃から暗殺者として育てられてきたニケにはとても嬉しかったんだろうなぁと。
そんな切なる特別な想いが溢れ出る感じが、小野さんの演技も良くてもう泣けて泣けて。旦那に「えええーっ(゚∀゚;)」、って笑われたけど(笑)。
そいで首筋切って自害。もうそりゃヴィルヘルム居なきゃ助からないけど、力使うと消えるの分かってるからどちらも辛い。
ニケのルートが人気あるのがよく分かりました。
最後はとても幸せそうなんだけど、しかし気がかりなのはあの主人公のお母さん…ニケが自分の旦那さん殺したって知ってどう出るんだろう。
いや、あの人滅茶苦茶メンタル弱いから心配だわ。まあ、乙女ゲーだしそこはね(笑)
未来はパン屋さん夫婦なんだろうなぁ。ほんわかしてそう。
もう本当幸せになってほしいです!
あ、ロジオン討つシーン、短すぎて驚いた。スチル一枚出しただけで終わったから何か押し間違えて飛ばしたのかと思った。もう少し尺あげてやろうよ~。

 

ティファレト CV:柿原 徹也

f:id:sagino4480:20180827164200j:plain

此方も実は訳ありまくりですが王子様。ティファレトルートはメフィストがこれぞ悪魔なご活躍で活き活きしてるなぁとか(笑)
やーもう、此処に来て本領発揮なメフィスト。ティファレトとヴィルヘルム以外はちょい意地の悪い怪しい人で終わってたもんね。
本体の鎖繋がれポーズはもう少し何とかならなかったですか。超シリアスな所なのに、笑ってしまいそうになったのは私だけだろうか。
メンバー中、一番微エロっぽかった様な気がします。背中の怪我の具合を診せる為、服を脱いだ主人公を後ろから抱き締めるとか。
ティファレトのみ学生じゃないんですよね。だからいつも一緒に居る学友メンバーに嫉妬したりするのは見ていて楽しい(歪んでる) 。
数多くの女性に盲愛されるけど本人は興味無しだったのが、主人公にだけは魅かれるという展開は好きです。
でもちょっとメンタル弱い(笑)。儚いんですよー。其処が良いと思えるのはティファレトのキャラ故かもなお方。
後、キオラ様って他ルートで余りにも出来た人格者だったので、裏の性格あるんじゃないかと勘ぐってましたが、本当に心優しい人で汚れてる自分には眩し過ぎ ました(笑)。
ティファレトはポイント萌えもあったりで、シナリオも真相の一つに絡んでるので面白かったです。
でも最後ってあれ…最終的にどうなるんだろう。あのままの生活なのか、将来的に城に戻るのか。
キオラ様まだまだ健在そうだし、王政に興味なさそうなのであのまま気楽に過ごすのかな。

 

ヴィルヘルム(謎の男) CV:中村 悠一

f:id:sagino4480:20180827164232j:plain

全然登場しなかったので、最初アベル終わってから「あれ、そう言えば居なかった(*'ω'*)?」な、ある意味出てたけど自分ルート以外は出番のなかったキャラ。
何か…中村さんも当時雑誌などのコメントで言ってましたが、終始ほとんど怒鳴ってた印象。
まあ、生前死ぬか生きるかの殺伐とした戦場にずっと居て、軽く百年(だったかな?忘れた←)くらいは魔剣の中に閉じ込められていた訳だから、今の時代と環境の変化についていけないのは仕方ないよね~ 。
ね~なんですが、短気でガキ体質を有しているものだから、協調性なくて他と衝突多々。もう周囲に説教されまくりである意味不憫な程。
主人公が保護者の様に心配したり世話したり、諭したり嗜めたり。それにうるせーなぁとか言いながら隠れて尻尾振って懐いてるワンコな感じが堪らなかったです。
リシャールに罵倒されたヴィルヘルムが、自分の事より主人公を罵倒した事にキレたシーンが好きです。特別感出てるv
でもちっこいヴィルヘルムも好きだな~まあ、恋愛は出来ないけど(笑)。
過去で驚きのサファイア様登場。いきなりリボンの騎士で、え!?とか思ったら制作協力手塚プロダクションありました。
マジで。何で。まあいいや(おい)。
しかも主人公がヴィルヘルムを庇って死んだサファイアの生まれ変わり…いや、凄い展開。
ではあったけども、少しボリュームが少なかったかなぁ。色々真相がわかって良かったルートではありましたが。
只、他ルートでは必要最小限度しか登場しないメンバー達が、ヴィルヘルムの問題児をどうにか慣れさせてあげようと協力し合っていて沢山登場するのは良かった!
少し世話のやけるワンコな感じで、私はとても好きなヴィルヘルムでした(*´▽`*)

 

 

 

間もなく夏休みが終わりを迎えますー!やったぜ!!/(*'▽')/
長くなったゲームオフモードも、子供達の新学期スタートして通常授業に入った頃にオンモードへ入りたいと思います。
本当はもうやりたいんですけれど、ちょっとバタバタ用事が入っているので。体調管理に気をつけつつ(我ながら弱っちい発言)、やるぞーっ!
もうお馬鹿過ぎるので此方では晒しませんが、あの後色々やっちゃったのでやるんだぜーっ、私っ(←もう察するに容易い発言)
と、いった気持ちでおりますです、はい。


格好良いのに攻略出来ないシェラザール様。ポチっとして頂ければ幸せですv

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ