あちゃぷであぱぷな日々是好日

乙女ゲーム感想を中心に、オタクな主婦の日常呟きあれこれ。

忍び、恋うつつ-雪月花恋絵巻- 全体・キャラ別感想その1

こんにちは(*^-^*)
ブログにお越し頂き本当にありがとうございます!
ポチっとも頂いて、いつも大感謝ですっ(≧▽≦)
読んで頂いている方がいらっしゃると思うとそりゃもう嬉しい限りですv

 
夏ですね(そうだね)。ホラー特集とか増える季節です。心霊ものとかモンスターだとかゾンビとか。そう、ゾンビ。
夫はゾンビ好きーオタクなので夏も何も関係なく、オールシーズンがゾンビ。映画とかドラマとかそりゃもう有名なやつからB級映画まで網羅。漫画も多い。
で、私は興味ねー…(-ω-)なのでありますが。
ある日の夜、モノクロ映画を観ていたので何気なく聞いちゃったんですよ。ええ、馬鹿でした(笑)。私の注意力が悪かった。


「古そうな映画だねー。」
「これは××監督の〇×▽●×▲だよ。」←何か忘れたけどゾンビ映画タイトル
「誰それ何それ。」(・_・)
「え、母さん知らんの!?××監督って言ったらゾンビ映画界の巨匠と言われた人で、ゾンビ映画を初めて作った偉大な監督だぞ?そしてこれはその記念すべき第一作で~~(右から左に受け流し中につき、面倒なので省略)」
知るかいな。(;-∀-)

「じゃあ〇〇×●●(すっぱり忘却のゾンビタイトル)は?××▲▲(最早覚える気もないゾンビタイトル)は?それから…(覚えてないので再び省略)」

「知らん知らん知らんわっ!ゾンビに1ミクロンの興味もないわっ!」

「あかんな~母さんあかんで~( ̄▽ ̄)はっはっはっ」
「ほっほっほっ。何が?( ̄▽ ̄)」


今日もオタクな夫婦が住まう我が家は、色んな愛に溢れてます。

            f:id:sagino4480:20180705095930j:plain

                愛はゾンビを救う?

 
現在【真紅の焔】ゆったりプレイ中。私の場合、ぺっぺっぺっと思った事を書き留めておき、全部終わってからそれなりに読める文になるよう、直して纏めたりしてから感想アップの運びになりますので、ちょっと先になります(;^ω^)

なので感想ストック分より5月下旬頃にプレイを終えていました、【忍び、恋うつつ-雪月花恋絵巻-】の感想を。

 

ネタバレあります!未プレイでネタバレNGの方は以下の閲覧をお控え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忍び、恋うつつ-雪月花恋絵巻-

        使用画像の著作権アイディアファクトリー株式会社に帰属します。

    f:id:sagino4480:20180707135532j:plain

            公式サイトはこちらから 

FDとツインパックで購入。通常版パッケージで損してる気が。
男が「あぁ~んっv」みたいな表情だと、特に店舗購入では若い乙女さん達はレジに持って行き難いと思います。
私?へっちゃらっす!(誰だよ)BL漫画でもどんとこいっす!(恥じろ)

設定とあらすじだけの時点ではもっとコメディタッチかと思っていたのですが、開始早々、悲劇的な展開から始まるので吃驚。
でもキャラ紹介の登場シーンには、どうしよう、すっごくもう…えー、いやはやすっごいキラキラで何だこれ!(爆笑)でしたがv
ボリュームは程良く、コンパクトに上手くまとめられているなと。ラスボスとか、大筋は同じですが面白かったです(*´▽`*)

気になったのは描写説明が全てキャラの科白になっているので、一々変に説明臭い。一昔前のドラマCDみたいなの。
例:「見て!〇〇君、××ちゃんが急に降ってきた雨に気を取られて空を見ている隙に、すっごく優しい眼でそっと後ろから手を伸ばして髪に触れたわよ!何て愛しそうな瞳で見ているの!?私達、あんな〇〇君の顔、初めて見たわ!悔しいっ!!」とかいうの。←どんな例えやねん。

選択肢がほとんどなく、鍛錬モードも簡単だし失敗したとしてもバック出来るので、攻略悩まずサクサクプレイしたい人に良いかと。

スチルは綺麗なんですが、ちょっと絵師さんが違うものもありますか?絵のタッチがあれ?と思うものも。立ち絵とスチルの差では、真田先生が大分違う印象。
後、キャラ単独アップが多かったのもちょっと残念でした。個人的に主人公と攻略キャラとの絡みスチルが好きなので。

そしてちょっとあの主人公に対する女生徒のイジメがね。結構陰湿で。変にリアルなんで不快感が半端なかったです(-_-;)
絵は可愛らしいのにやってる事がドン引く程酷い。でもちゃんと最後仲直りするのはするんではありますがね。個人的によく許せたな~って(心狭い)

つーか男性陣、気づいてんならもっと早くにとっとと何とかしろやっ!!( ゚Д゚)

恋愛も展開は早いっちゃ早いんですが、唐突さを感じるでもなく。不自然さも無くて良かったです。
あのメロメロの術の所為もあってかめちゃ甘いシーンに科白に奪い合いにと、魅力的な声優さんのボーナスボイスがこれでもかな大放出状態で、糖度大サービスに溢れるゲームだなぁって(笑)。
でも単に甘いボイスにキャラだけになっておらず、恋愛面でのこれ欲しいっ、な所もきちんと押さえており、ストーリーも隠しキャラ二人は特に面白くて気軽に出来る点では楽しめました。

キャラ別感想

片桐 かえで/主人公

f:id:sagino4480:20180705101715p:plain

いやー、ものすっごい鈍感!!(笑)今までのヒロインの中ではトップクラスな鈍さじゃないかなー。
何でしょうね、とんでもなく自己過小評価なんですが、卑屈とも感じられないし、それをバネにもっと努力しよう!とかポジティブだったり。
なんですが恋愛面とか鈍過ぎで控えめ過ぎ、自分の存在が迷惑とか、こう…そう来るかな変化球な方向からの勘違いで進まないので(寧ろ後退)、何かプレイしていて妙な感心を覚えてしまう不思議なコでした。
あ、嫌いじゃないです。寧ろとても好ましく思いました。だってあの陰湿イジメにめげないって強いですよ!強い。本当に強い。
かなりの努力家だし、どんなに敵が強い相手でも諦めない姿勢が良い。あれで天然で可愛いしそりゃ皆さん術じゃなくてもメロメロになるわ。
気になったのは髪の毛の量がね。いや、もの凄い量じゃないですか?シャンプー大変(そうじゃなくて)。

猿飛 咲助 CV:寺島 拓篤

f:id:sagino4480:20180705111449j:plain

何か…昔小学校時代に読んでいた「なかよし」とか「りぼん」とか、そういった少女漫画雑誌の作品を思い出しました(笑)。
昔なら(昔って)主人公の相手役位置っぽいなーって。
可愛い恋愛大全開な感じで、ちょっとツンで照れて素直に言えない所とか、でも好きだっ!てなったらストレートな恰好良さであるとか、眩しいくらい少女漫画ヒーローな咲助くんでした(笑)。
メロメロ状態な時とのギャップは、照れが取り除かれればあまり差もなく、彼そのままな気もします。過剰なまでの気障でもないから痒くなりませんでした。←
将来の成長姿が楽しみなタイプですねー。今は少年って感じなので、個人的に愛を囁かれても全く萌えられないんで申し訳ない(笑)。
お父さんがまたそっくりなツンデレ親馬鹿なのでいい感じ。

霧隠 蔵人 CV:櫻井 孝宏

f:id:sagino4480:20180705111608j:plain

大事な想いや言葉を「…っ」「……」で、黙して語る所が多いので、「ん?何だい?」と聞き返したくなる(笑)。
外見も性格も普通にスマートに恰好良いですよね。厳しい中に優しさを見せる所、さらっと気障だったりするので。「綺麗だ。」とか不意にするーっと言うから「ぅえぁっ!?(←何語)」となった(笑)。
本気で彼女を好きになってしまい、それも初めての恋だからいつもの完璧さが崩れだす所は可愛らしかったです。
普段乱れない優秀でクールなキャラ程、本気の恋に狼狽する所が乙女ゲームの醍醐味の一つですよね!(趣味悪)
嫉妬は剥き出しだし、かえでちゃんに嫌がられてると勘違いして、怒ったり沈んだりしてるシーンとか櫻井さんボイスで本当美味しい萌が多かったですv

 

由利 鎌清 CV:小野 友樹

f:id:sagino4480:20180705111714j:plain

やー、好きな所が多かったですv萌えポイント高かったですよ、私は!公式人気投票下の方でも!(笑)
まあ、私の好きなキャラって大抵人気投票になったら下の方多いので、世の乙女ゲーマーさんからとは好みがずれてる気もしますが。
が、通常時もメロメロ時も恋愛イベントシーンとか諸々、何かよく分からないけど(笑)ツボに入るのかすっごく好きです!(≧▽≦)堅物真面目で裏ドSエロでも全部好きだ!←褒めてんの?
アメとムチ的な教え上手。頑張った後の「今日のスイーツなんだろな♪」みたいなご褒美とか色々甲斐甲斐しくて優しい。
スチルに色気がありまくりだったので、見ていて眼福でした。あの切れ長の目とか格好良いですよ~(*´▽`*)
小野さんのどもり演技が何気に気に入っておりますv

 

我来也 CV:下野 紘

f:id:sagino4480:20180705111837j:plain

あのルビが要る様な中二病ワードの時は言ってる事はよく分からない(聞き流し)けど、「~なんだぞっ」等の言動がめちゃ可愛いな~と思ってたら。ら。
大きくなりましたよ!?これ狡いぞ成長封印萌えパターンキャラですね!(何だそれ)それでも私にしたらシュガーフェイスな美形綺麗だけどもやっぱり可愛い系印象止まりなんですが、人気高いのは成程ね~って。
でもそっか、伊達家でしたか。だから眼帯。納得。でも何か単純アイテムだなーとか言っちゃいかんですかね、はい、でもそのまん…(むがっ)
いつも思うんですが、あのラスボス戦での真田勇士隊、来るの遅くないかい?だってあれわざとでしょ。今かな今かな~って遠くで見物している図が浮かぶんですが。楽してるとか思っちゃいけないですか。
それ言っちゃいけないお約束かもしれないんですが、元の姿に戻ればあれだけ強いのに、何故あんなにギリギリまで無理に従ってたのかとか疑問がいっぱいでした。義理とか忠義とかそういうのあったとしてもなぁ。うーん…まあいっか。←いいんかいっ
とにかく他のルートでも可愛くて可愛くて、健気で堪りません!皆と一緒に沢山楽しい事を経験して幸せを感じて欲しいコでした。
恋愛と言うよりは、母目線になってしまう(;´∀`)
だって可愛いんだぞっ。←

 

穴山 大介 CV:鈴木 達央

f:id:sagino4480:20180705111902j:plain

シナリオ好きだー。先輩可愛いなーっくそっ←(≧▽≦)
でも「子猫ちゃん」どうにかならないかな子猫ちゃん?(笑)ギャグでなく呼ばれると一歩後退しそうな勢いです。
動物例え呼びがちょっと苦手なんですよねー。あ、でも下天の兄さまの「私の小鳥」は寧ろ萌えたのにな←
動物の問題?ちゃんの問題?←どうでもいい。
口元の…あれピアス?何かあれ最初ドカベンの葉っぱ銜えてる人みたいに見えて(すみませんごめんなさい申し訳ございません)。
メロメロ時が逆に凄く誠実になっちゃうんで、作ってる時の意地悪モードや女性に向ける冷たさでの低いトーンのが好きだったりします。
相合傘のシーンでの色気溢れる囁き掠れ声はお流石です。一気に雰囲気がアダルティ。外なのに往来なのに、そのまま雪崩れ込みそうな程エロい(笑)。
でも一番良いな~vと思ったのがかえでちゃんに心許した辺りですね。惹かれてる事の感情にぶち当たって、まごまごあわあわしてる姿可愛いなぁ。
本当に好きになり過ぎて激情に任せて押し倒してしまうんですが、この時に「君が欲しい」「気が狂いそうだ」とかどこをどう捉えても愛の言葉でしか聞こえないのにかえでちゃん、こうくる。
「(こんな事する程)私の事が嫌いなんですか?」
何でやねん!(Vita画面につい手でツッコム関西人)不憫だ。不憫すぎる穴山先輩。
まあ、この後きちんと告白する事で誤解は解けましたが、かえでちゃんってドストレートに言わないと伝わらないレベルの鈍さなので、苦労するよなぁ(^_^;)
この後も甲斐甲斐しいつーか尽くしまくりで、ちょっと拒否られたらしょぼぼーんな姿がわんこかっ!みたいな可愛さの連続でやられる。
狡いわーっ、一番人気の我来也くんより此方の方が私的に激萌えでした。

 

真田 幸影 CV:鳥海 浩輔

f:id:sagino4480:20180705111925j:plain

何だかんだで超萌最強キャラ。私の想像以上にツボをドストレート。
胡散臭い特徴ある話し方にすら萌を刺激される(失礼)。鳥海さん流石です。
公式に『隠し攻略キャラクター』ってあって笑ってしまった。移植だからって言っても何てめっさオープンな隠しキャラ!(笑)過去の真相キャラでもありますね。
正体はバレバレだし最初からかえでちゃんに激らぶだし、隠してるのに全然隠していない、やはりオープン全開隠しキャラ。
大人の狡さと職権乱用を、これでもかなくらい有効利用している真田先生です。いいですね、もっとお願いします(おいおいおい)。
初っ端から女生徒のイジメから守る為、特別授業に持ってこさせる先生の手腕がお見事。担当教師の立ち位置を最大限に活かしてらっしゃる。
そしてそんな彼女を心配し、贈り物やら様子を見に来る攻略対象キャラ達を、容赦のない完全門前払いブロックの上、寄るな触るな見るんじゃないと、牽制するブラックスマイル。
彼らがちょっとかえでちゃんに構うだけで間に割って入る、一番年上のくせして大人気ない事この上ない。
スーパー天然純粋無垢なかえでちゃんの、憧れと尊敬の眼差しきらっきらスマイルと無自覚で男心擽ってくる言葉に、揺らぐ理性と戦う先生には私もう楽し過ぎて笑うしか(酷)。
授業に復帰出来たら出来たでずっと授業見てるし。これじゃあストー…(規制)
そして上達したかえでちゃんを彼らが褒めて親し気に会話しようものなら、嫉妬と独占欲剥き出しで前に出てくるし。わざわざ彼らの戦闘の弱点晒すし。
それを穴山先輩に指摘されると必死に否定しつつ、その過剰な過保護っぷりを逆にべらべらーっと過保護じゃないよ?って言いながら惜しげもなく全暴露。もうこの後もツッコミが絶えません!
色々面倒くさいし余裕ないし重いし心狭いし辛抱足りません。何だこの大人!楽し過ぎるこのルート(≧▽≦)←
すげーっす、先生。いいぞ、先生。次から次へと笑い堪えるの大変でした私!(笑)。
色々なしがらみと繋がりと想いとが絡み合って、ややこしい人だと思いつつ、かえでちゃんへの愛情深さはかなりのものでした。
深過ぎてまあ、理性暴走したかと思えば抑え込み、葛藤と感情の揺れ幅が大きくてかえでちゃんがかなり翻弄されてます。
好きで好きで堪らない感じは見ていて十分過ぎる程よく伝わるので、甘さ的には大変美味しかったですけれどねv
他のルートでも結構な過保護&独占欲っぷりなので、かえでちゃんの天然鈍過ぎは逆に良かったのかもしれない。だってねぇ、あれは大変だよ(笑)。
もう本当、真田先生あらゆる意味で最強で大好きです!大人なのに、顔は良いのに、面白くて面白くて面白くて変過ぎるし笑い沸騰で萌え転がる。←


ここ最近、鳥海さん演じるキャラにやられてる気がしないでもない(笑)。
こうしてみると、感想に差があり過ぎる。流石私。←

取り敢えず分けまーす。
お暇な時間があれば、ぷらっと遊びに来て下さいね!(*^-^*)

素敵に重い愛の真田先生に、ポチっとして頂ければ幸せですv

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ